« 怒りの億マン マスコミに一言!! | トップページ | 炎の億マン 韓国にリベンジだ!! »

2006年3月16日 (木)

涙の億マン イチローの一言と相場心理

okuman_base スポーツでの心理戦で使われるビックマウス。古くはモハメッド・アリ、最近では亀田兄弟に代表されるであろう。しかし、今回のWBCでのイチローのビックマウスはタブーであった。なぜなら個人戦の競技は相手へのかけ引き(恐怖・怒りなど)になるが、団体競技では怒りが団結へと変わる。今回のWBCでは日程と組合せからして一次も二次もアジアのチームとの戦いが鍵を握ることは最初からわかっていたはずだ。如何にもナンセンスな発言だった。むしろサッカーの中田英寿のようにチーム内に激をとばすべきだった。
人の心、心理を舐めていけない例として、その後も語られるだろう。
私は株式チャートがウソ発見機の心理の動きを表したグラフに見えることがある。ある一定の群集の心理が働くとグラフは上下に大きく動く。まさに株式市場の投資家の欲望渦巻く心理の動きそのものではないか。よく株式市場は投資家の心理で作られると言う。
スポーツも株式も相手の心理を読みきったものが勝利を収める。
ボクシングでは『左を制する者は世界を制する』という言葉があるが、
株式相場では『投資家の心理を制する者は株式市場を制する』と言えるだろう。

3月 16, 2006 株式投資 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168078/9123051

この記事へのトラックバック一覧です: 涙の億マン イチローの一言と相場心理:

コメント

コメントを書く